雪山
海辺
街中

高い買取値にするために必要な骨董品の条件とは

破損箇所が少ない

年月の経っている骨董品ほど、価値が高まりやすく状態も劣化しがちです。古い骨董品は現存するものが少ないことが高騰する理由ですが、陶器なら一部が欠けていたり、掛け軸ならシミや破れた部分が目立つ可能性があります。基本的に、高い骨董品は破損している部分が少なく、識箱などが完品で揃っているほど買取値は上がります。そこで考えるのが修繕ですが、骨董品を自己判断で修理することはおすすめできません。骨董品の修繕はかなりの腕が必要な作業ですし、そもそも歴史的価値を持つ骨董品を現代の技術で修繕しても価値はなかなか高まりません。骨董品の高い価値を維持したいのであれば、たとえ破損していたとしても無理に直す必要はないのです。

マニアに需要があること

骨董品全てに言えることは、需要がなければ高い値段が付かない、ということです。歴史的発見に繋がるような骨董品でもない限り、収集家がいてこそ骨董品の買取は成り立ちます。そのため、買取作業だけでなく独自の販売ルートも持っている買取業者を選ぶことで、より需要に見合った買取が可能になります。もしも買取額に納得できず、いくつかの買取業者を回ってきた方は、この点に注目して骨董品の買取を行ってみましょう。正しい鑑定眼があるかどうかはまた別問題ですが、少なくとも需要に見合わない、適切でない買取額を提示されることはなくなります。自分でオークションを経由して買取りに出す方法もありますが、単価の高い骨董品でそれを行うのは少々リスキーでしょう。