雪山
海辺
街中

価値のある骨董品の様々な種類と特徴と歴史

骨董品の様々な種類

歴史の古い日本画は松尾芭蕉等も描いていたと言われています。洋画はキュビズムやシュールレアリスム等価値が形式により分かれます。掛け軸等は室町や江戸初期の作家等が、多くを描いていて中国の山水画もその一例です。しかし贋作が大変多く高度な鑑定力が求められます。描いたのが画家本人で、貴重な物ならかなりの買取価格になります。陶器や茶道具の中でも贅沢極まる茶道具等は、日本の侘び寂を凝縮させた枠の物です。これは数千万円もの買取価格が、素晴らしい物になるとつけられる程です。これを見極め出来る鑑定士はそんなに多くはありません。陶器なら中国製の陶器もあり食事等に用いられますが、高価買取価格になるのは有名作家の物です。陶器は種類も豊富で高い需要を誇ります。 他にも骨董品の種類として象牙や彫刻品があります。彫刻が施された美術品や象牙の工芸品も骨董品の買取においては、観賞用として高い需要を誇っています。特に素材自体が希少価値の象牙は買取が高価です。彫刻品も様々な種類があり、価値はその素材自体で二転三転する事もあります。注目がアンティーク物にも集まっていて、作品が芸術的な物は高い価値で買取られます。これは海外や日本等で作られた、作成から100年を有する家具などです。当時でしかなしえない卓越した技術と歴史あるルックスの品物です。とても贅沢な素材を用いて当時作られている物が多く、とても日用品とは思えないアンティーク品は高価な買取額がつきます。